フリーエージェント戦術

フリースタイル成功法則

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訪問者をとりこにする文章構成のポイント。

記事を書く


1. キャッチコピーが内容を正しく表しているか?
 
適切な表現を使ってキャッチコピーを作成しないと、
あなたが見て欲しいご友人に見てもらえなかったり、
内容を誤解して訪問した方々をがっかりさせてしまいます。
内容を正しく表す表現を心がけるのはキャッチコピーの基本です。


2. 文章にリズムはあるか?勢いが感じられるか?

リズムと勢いのある文章は注目を集めます。
ただし、国語の教科書で良い文体とされている七五調は
短いキャッチコピーでは落ち着きすぎて訴求力が弱くなる傾向があります。
メールにおけるキャッチコピーには、平文よりも呼びかけ口調、疑問文、体言止めで
リズムを工夫した方がアクセスが向上するようです。


3. 魅力的なキーワードを忘れていないか?

最も反応するキーワードを積極的にキャッチコピーに織り込みましょう。
効果的なキーワードは、各ジャンルの専門雑誌の見出しを参考にすると良いですね。
キーワードもひとつではなく関連語も複数織り込んでおくと確実に反応があります。


4. 効果的でない言葉は削る
 
「一番・面白い・最高・最強・すごく・非常に・絶対・見に来て下さい」
と言うような言葉は、新しい情報をご友人に提供していないので、
紹介にはつながりません。


5. ターゲットを絞り込んでいるか?

「映画評論、旅行のリンク集、チャットなどなんでもありの総合サイトです」
というような、ターゲットの絞れていないキャッチコピーはメールに限らず
紹介効果は薄くなります。幅広くご友人を集めたいのは理解できますが、
紹介のキャッチコピーはターゲットを絞り込めば絞り込むほど良いものです。

 
6. 漢字を上手に使っているか?

少ない文章でサイトの魅力を訴えなければなりません。
日本語には少ない文字数で豊かな内容を伝達できる漢字という文字がありますから、
漢字を積極的に利用しましょう。



桐生 翔
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kazuma5601.blog.fc2.com/tb.php/71-b032440d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。