フリーエージェント戦術

フリースタイル成功法則

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

精神論を語ってダメなのか!?


近年は精神論を語ると、

暑苦しいとか、そんな事やれるかなどと言う人が
多く、とくに若者に見受けられます。

スポーツをしている方は忍耐と努力をたたきこまれ
精神論を体で感じ受け止めているでしょうが、
そうじゃない人には「苦痛」と感じられるようです。

学生のうちはさほど必要だと思わないでしょうが、
社会にでれば否が応でも「耐える」ことを求められます。

当然ですよね。

だって働くことでお給料を頂くわけですから多少
嫌なことでも我慢が必要となります。

今の社会ではチョットしたことでパワハラ・モラハラ・セクハラだとか、
ブラック企業と騒がれてしまいます。

その企業を選んだのは本人なのです。

まず会社に貢献しているかを自問自答も必要ではないでしょうか?

そのうえで答えをだし自分で別の選択をすればいいのです。

人生は「忍耐と努力」からは逃げることはできないのですから。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kazuma5601.blog.fc2.com/tb.php/102-b9563eab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT