フリーエージェント戦術

フリースタイル成功法則

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読みやすい記事とは


あなたも感じたことありませんか?

それは読みにくい記事のことです。

記事を書くときにやってはいけないこと
それは、文章が読みにくいことです。

文章が読みにくい原因を挙げるとこんな感じです。

・広告が多すぎて、コンテンツと広告の見分けがつきにくい

・文章におけるブロック間の余白が狭い

・文章における1ブロックの長短が多い

・見出しや画像がない

・背景色が強い色なため、読みづらい

・なんとなくごちゃごちゃしている

これらの記事は読まれずに飛ばされてしまいます。

ブログの記事内スペースは、なるべくシンプルがベストであり、
また広告を掲載するにしてもスッキリ表示させた方がいいね。

シンプルにすることで、読み手のストレスはかなり減ります。

あくまでも記事というのは、自己満足ではNGで、
「読者様=読み手」の立場で、書くことが重要です。


スポンサーサイト

| 未分類 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アンカー効果』はビジネスの一つの戦略。

いかり



【アンカー効果】とは、
不確かな知識で予測や判断をするときに
最初に与えられた印象によって、その後の
行動が決定づけられる。



たとえば、ある洋服を5000円で売るために

設定価格を10000円で表示をしておいて

後から値引きをするとお客さんは最初の

設定価格10000円を認識しているので

半額で買える=5000円得をしたと思うのである。


この手法は身近なところ、スーパーなどで
あなたも見かけたことがあるだろう。


しかし、何でもかんでもアンカー効果の手法を
使いすぎるとお客さんは慣れてしまうので
ここぞという時に使うのが効果的である。


逆に、自分がお客の立場の時には交渉の
カードとして利用もできますね。


桐生 翔

| 未分類 | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。